夫との離婚を回避するヒント

離婚回避の方法&夫婦修復のヒントをブログでご紹介

夫との離婚回避で前面に出してはいけないこと!

f:id:cl-kimura:20191128100804j:plain


こんにちは。
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて今回の、夫との離婚を回避するヒント。
それは、

『子供を前面に出してはいけない!』

夫から離婚したいと言われたら、
誰だってショックを隠し切れません。

夫婦の事情を知らずに、
すやすやと眠っている赤ちゃん。

夫のことが大好きで、
何も知らずに無邪気に振る舞う小さな子供。

夫婦険悪に気付かない素振りをしながら
不安そうに見守っている子供、、、

そんな子供たちの様子を見ていると、
親としての責任を強く感じますよね。

そして、ついつい言ってしまいます。

『子供のためにも考え直して!!』

と。

夫に対してボロボロになりながら
離婚回避を訴えることはよくありますし、
夫が子供を可愛がっていれば、
離婚を取り下げてくれるような気がします。

でも、
第三者から言われたのならともかく、
あなたに言われたら、

「誰のせいでこうなった?」
「オマエのせいだろ!」

と夫は思うだけ。

その主張は何一つ効果はありませんし、
効果がないどころか、

妻に離婚要求をして
子供の人生を狂わせてしまった罪悪感を
思いっきり刺激するだけです。

夫は子供を可愛がっていればいるほど
罪悪感を非常に強く感じ、
離婚要求をさせた妻を憎みます。

夫は罪悪感を感じれば感じるほど
その罪悪感から早く逃れたいと思って、
妻に対して離婚を強く迫ります。

『離婚をしたら子供が可哀そう!』

それは間違いなく正論です。
親なら子供のことを一番に思って、
少々のことは耐えるのが当たり前。

でも、夫はそれを差し引いても、
今のあなたとの生活に限界を感じたから
あなたに離婚要求をしているのです。

その言葉を発すれば発するほど、
夫にさらに苦しみを与えることになり、
ますます毛嫌いされますのでご注意ください。

夫だって子供に対して申し訳ないと
思っているのですから、
あまり言いすぎたらいけません。

そもそも、子供を引き合いに出して、
夫が離婚を踏み止まってくれたとしても、
あなたも夫も何も変わっていないので、
夫は再び離婚要求をするでしょう。

今は『急がば回れ』です。

夫から離婚要求を受けて、つらい、苦しい、
情けない、みじめ、孤独、自信喪失 ...

とてもつらいお気持ちだと思いますが、
今が人生の最大の正念場。
半年後も同じではありません。
早く自分の気持ちを立て直しましょうね。

子供のことを持ち出して、
夫の気持ちを変えようとしたら、
離婚回避は遠のきますのでご注意を!

アプリコット離婚相談室
離婚回避カウンセラー木村浩康
tel  084-963-2351     メール