夫との離婚を回避するブログ

明るいあしたを取り戻す!離婚回避のつれづれ日記

夫との離婚を回避するヒント 結婚当時、夫と相思相愛だった場合に気をつけること!

f:id:cl-kimura:20210801234356j:plain


こんにちは!
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。(^^)/

ついに8月。
暑いですね~
東京オリンピックも超熱い!

そんななか、
今回の夫との離婚を回避するヒント。
それは、

『過去の栄光に頼っちゃダメ!』

カウンセリングを行っていますと、

「夫とは相思相愛で結婚したので、
こんな日がくるなんて夢にも思いませんでした。
夫はもともと穏やかで優しい人たったのに、
まるで人が変わってしまいました。

子供がいるんだし、世間体も悪いし、
夫だって離婚はダメージですよね。
もともと仲は良かったので、
よく話し合えば何とかなりますよね ...  」

そんなお悩みをよくお聞きします。

たしかに、
もともと夫と気が合って、仲が良かったのなら、
気持ちさえ伝われば、許してくれそうな気がします。

でも、その期待は
ほどんどの場合裏切られます。

なぜなら、
その相思相愛ってところが落とし穴で、
それによる期待値が必要以上高かったからです。

付き合い始めは、
お互いにお互いを必要以上美化しあい、
やがて、恋愛ホルモンの賞味期限が切れて大失望。

相思相愛であるほど、その反動は凄まじく、
夫は「どうしてアイツと結婚したんだろう?」
そのクエスチョンだらけになっています。

そんななか、「あの頃を思い出してよ!」
と、過去の栄光を持ち出しても、
夫は必要以上あなたに幻滅しているので、
良い思い出であるほど逆効果となってしまいます!

あの頃の夫はどこにいった?
昔は優しかったのに、どうして?
早くあの頃に戻りたい!
夫だって同じ気持ちのはず!

ついついそう思ってしまいますが、
まずは、その幻想を捨て去りましょう。
そして、過去の思い出に頼って修復するんじゃなく、
未来志向の夫婦再構築にマインドをシフトさせましょう!
(^^)/

離婚回避カウンセラー木村浩康
ホームページは コチラ