夫との離婚を回避するヒント

離婚回避の方法&夫婦修復のヒントをブログでご紹介

夫との離婚を回避したい場合の手紙は?

f:id:cl-kimura:20191031170805j:plain


こんにちは!
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて今回の、夫との離婚を回避するヒント!
それは、

『夫への手紙はタイミングが命!』

夫との離婚を回避したい場合、
まず、思いつくのが、お手紙を書くこと。

夫に対して手紙を書いて、
今の自分の率直な気持ちを伝えたくなります。

夫と面と向かって話すと、どうしても
「売り言葉に買い言葉」になりやすく、

夫に素直に謝ろうと思ったのに、
夫の言葉にカチンときて、

言い争いをしてしまい、
気がついたら離婚届にサインをしていた!

そんなケースはよくありますので、
気持ちを伝えるなら、手紙が良いかもしれません。

でも、せっかくの手紙が、
逆に離婚を加速させるケースがよくあります。

まず、手紙の内容。
夫に書く手紙の内容としてよくあるのが、

「そんなつもりはなかったよ。」
「本当は大切に思っているよ。」

「これからは気をつけるね。」
「イロイロごめんね。まだ愛しているよ。」

そんな感じの内容、、、

でも、妻に離婚要求をした直後の夫は、

『どーやって早くケリをつけようか!』

と考えている真っ最中で、
あなたの気持ちなんか聞きたくない心境です。

あなたが自分の気持ちを並べれば並べるほど、
気持ちを込めれば込めるほど、

「オマエは、ゼンゼンわかってない!」
「オマエは、オレの気持ちはわからない!」

そう思われるだけで、
せっかくの手紙が離婚を加速させてしまいます。

そして、
手紙を出すタイミング。

離婚要求をした直後の夫は、まさに、
「激情モード」「悲劇のヒーローモード」です。

もはや誰の意見も聞きませんし、
自分の出した結論は正しいと信じ切っています。

そんななか、ノコノコ手紙を出しても、
さっと読んでゴミ箱に投げ捨てられるのがオチです。

夫に手紙を出すなら、夫の気持ちが少し落ち着いた
ここぞというときに出さねばなりません。

以上、夫への手紙は、書く内容もさることながら、
出すタイミングも命となって参ります。

やみくもに夫に手紙を書いても、
夫に何一つ響きませんのでご注意を下さいませ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックして下さったら嬉しいです。

アプリコット離婚相談室
離婚回避カウンセラー木村浩康
tel 084-963-2351