夫との離婚を回避するヒント

離婚回避の方法&夫婦修復のヒントをブログでご紹介

夫が離婚調停をしてきた場合の注意点!

f:id:cl-kimura:20191107094652j:plain

 

こんにちは!
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。

さて、今回の夫との離婚を回避するヒント!
それは、

『夫から離婚調停をされた場合の対処法』

夫から離婚調停を受けた場合に
どうしたらいいか、対処法をご説明致します。

え? 夫が離婚調停を??


夫から離婚して欲しいと言われ、
「離婚はできない」と拒否していると、

夫がおもむろに
離婚調停の申立てをしてくることがあります。

夫から離婚要求を受けただけでもつらいのに、
離婚調停までされたら、大ショック!

そうまでして自分と離婚したいのかと思うと、
絶望的な気分になりますし、

夫は調停のちょの字も知らないはずなのに、
そんなことをしてくると、

夫に離婚をそそのかす女性がいて、
陰で糸を引いているような気がします。

そして、夫の離婚の意思は固く、
もう離婚しか選択肢がないような気がします。

でも、
当然のことですが、

夫が離婚調停をしてきたからといって、
離婚に応じる義務はありません。

離婚調停において、調停委員から
離婚に応じるよう説得されることもありません。

世間では、離婚調停になったら、
離婚回避は無理だという声もありますが、

たとえ離婚調停になっても、
当人の努力で離婚回避できたケースもございます。

夫から離婚調停の申立てを受けても、
離婚させられる訳ではないので焦らないことです。

離婚調停をされたことにハラを立てて、
夫に対して暴言を吐いたり、

気持ちを取り乱して夫に詰め寄ったり、
荒れ狂ったら、それこそ夫の思う壺です。

夫はそこまで計算をしているかもしれません。
ご注意を下さいませ。

離婚したくない場合に調停ですべきこと!


前述のとおり、
夫から離婚調停の申立てを受けたとしても、

あなたの方に不倫、暴力、法に触れる言動、
法律上の離婚理由がなければ、

離婚調停は不成立になるだけで、
調停で離婚を命じられるわけではございません。

調停委員から離婚を説得されるわけでなく、
説教をされることもありません。

でも、夫との離婚を拒否したいなら、
調停でその意思を明確にしなければなりません。

そして、あなたに法律上の離婚理由がないことを
調停委員によく説明をしなければいけません。

調停委員は、

「夫が離婚調停の申立てをするからには
妻に法律上の離婚理由があるのかも・・・」

普通にそう思いますので、
離婚理由がないことを明確にしなければなりません。

離婚調停を上手に乗り切る!


前述のとおり、
あなたに法律上の離婚理由がないなら、

離婚調停は不成立になるだけで、
離婚を強制されることもありません。

しかし、夫は、離婚調停後のことを見据えて
容易周到に準備をしているのが普通です。

夫は、あなたに法律上の離婚理由があること、

いわゆる、

『婚姻を継続し難い重大な事由』

があなたにあることを、
誇大表現を交えて一生懸命訴えてくることでしょう。

そのため、離婚調停において、
夫との離婚を拒否したいなら、

・離婚する意思がないこと
・法律上の離婚理由がないこと

を、調停委員に対して明確に、
わかりやすく説明をしなければなりません。

とはいえ、裁判所という異質な空間の中、
初対面の調停委員に対し、

これまでの経緯を冷静に、
そして簡潔に説明するのは非常に難しく、

『相手方』となったあなたに与えられる時間も、
30分程度とわずかしかありません。

離婚調停中、緊張して頭が真っ白になったり、
感情を抑えきれなくなったり、

夫から思いもよらないウソの主張をされて
気が動転してしまったり、

自分の言いたいことが言えないまま
調停が終わってしまうことはよくあります。

そうなりますと、
夫のペースで離婚調停が進んでしまい、

何も責められることはないはずなのに、
夫の意見ばかりが通ってしまいます。

それを防ぐためにはどうしたらいいか?
それはやはり、

出たとこ勝負でなく
バッチリ事前準備をすることです!

これまでの経緯や紛争の争点をまとめた
事情説明書を家裁に提出しておきましょう。

自分の言いたいことを
事情説明書にまとめて提出しておけば、

口頭で説明する必要がなくなりますので、
気持ちが非常に楽になります。

なお、家庭裁判所に提出する事情説明書は、
これまでの経緯を書いただけでは不十分です。

間違っても、
夫に対する恨み辛みを書いてはいけません。

事情説明書は、夫婦が別居になった経緯、
法律上の離婚理由の有無、争いの焦点など、

調停委員が知りたい情報を
ストーリーを意識してまとめてくださいね。

夫は、離婚調停が自分の優位に運ぶよう、
しっかり準備をしているはずです。

ヘンに取り乱すことなく
離婚調停を乗り切りましょう。

離婚回避に向けての本当の勝負は、
離婚調停が終わったあとに待っています。

離婚調停を上手に乗り切ることができれば、
離婚回避の可能性が出てきます。

ここは人生の大一番!
がんばってくださいね。(^^)/


アプリコット離婚相談室
離婚回避カウンセラー木村浩康
tel 084-963-2351