【離婚回避】夫に対する手紙の書き方で注意すべき3つのポイント!

こんにちは!
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。(^^)/

さて今回のお話は、
離婚回避における手紙の書き方についてのお話。

夫との離婚回避を願う場合、
夫に手紙を書くケースがよくあります。

でも、その手紙を書いたがゆえに、
離婚が加速することがよくありますから、
十分注意が必要です。

夫に対して手紙を書く場合、
注意すべき点は以下の3つです。

  1. モロに謝罪文になっていないか?
  2. 気持ちを書きまくっていないか?
  3. 差し出すタイミングは悪くないか?

まず①について

夫に離婚を取り下げてもらいたい場合、
どうしても「許してくださいお代官様~!」
そんな感じのお手紙になりがちです。

でも、その謝罪満載のお手紙を
悪代官に変身した夫に渡したらどうなるでしょう。

あなたの素直な反省の気持ちが、
離婚要求の切り札にされてしまいます。

夫に反省の気持ちを伝えたい!
そのお気持ちは痛いほど理解できますが、

謝罪をてんこ盛りにすると、
それで強く離婚を迫ってきますから要注意。

②について

夫は今、離婚要求という形で
今まで封印していた気持ちを吐き出している状態。

その夫に対して自分の気持ちをぶつけたら、
気持ちと気持ちがぶつかって泥沼になります。

夫に素直な気持ちを伝えたい!
そのお気持ちも痛いほど理解できますが、

気と気がぶつかれば、喧嘩になるのは必然です。
ここは逆に、夫の気をそらす必要がございます。

③について

夫に差し出す手紙は、
その差し出すタイミングも非常に重要!

夫の誤解を早く解きたい、
早く素直な気持ちを伝えたい!

そのお気持ちも、
これまた痛いほどよくわかりますが、

離婚要求を受けた直後に手紙を書いても、
手紙はまったくの逆効果。

なぜなら、
夫はいわゆる離婚の激情期にあって、
悲劇のヒーローに変身しているからです。

夫に手紙を書くなら、
夫の激情期が去ったあと方が効果的。
そして、その時期の見極めが非常に重要。

タイミングを外せば離婚回避不能に陥ります。
重ね重ねご注意下さいね。(^^)/

【ps】

夫との離婚回避の成功者が実践した方法
離婚回避のノウハウをnoteに集約しました。
是非、ご参照下さいませ。(^^)/

離婚回避カウンセリング


離婚回避のご相談はコチラ!

お気軽にどうぞ
あなたのお力になります(^^)/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる