夫との離婚を回避したい人が知っておくべき3つの鉄則


こんにちは!
離婚回避カウンセラーの木村浩康です。(^^)/

さて今回のお話は、
夫との離婚を回避したい人が知っておくべき
3つの鉄則についてのお話です。

夫との離婚回避を考える場合、
知っておくべきことを知らないと
後で後悔しますからご参考になさって下さいね。

鉄則その1 夫の本心を確かめない

夫から離婚と言われたら、
本気で離婚と言っているのかどうか
夫の気持ちを確かめたくなるのが普通です。

そして、できることなら、
『あれはうそ!どうかしてた。やっぱりやめた。』
と夫に言って欲しくなるのが人情です。

でも、夫に「今どう思ってる?」と聞けば、
離婚と言われるに決まっていますし、
「ウザい」と思われて、余計嫌われます。

聞けば聞くほど、
そして、気持ちを確かめようとすればするほど、
夫の離婚意思が強まりますので、ご注意下さいね。

鉄則その2 むやみに謝罪をしない

夫から離婚と言われたら
夫に捨てられる恐怖が押し寄せて、
「もう何でもするから許して欲しい~!」
そんな切羽詰まった心境に陥ります。

そして、本気で夫に謝って
これまでの生活態度を悔い改めれば、
そして、もっともっと夫のために尽くせば、
夫は最終的に許してくれそうな気がします。

でも、残念ながら、
謝ってすむ段階は通り過ぎています。
夫は、ひとたび離婚を口に出したことで、
離婚に向けて本気になっている最中です。

そんななか、
悪くもないのに謝罪をすれば、
気持ちが伝わるどころか、全くの逆効果。
謝罪が離婚の正当理由にされますから要注意です。

周りの人から
「とにかく謝ったら!」
「早く夫に謝った方がいいよ!」
と言われても、謝罪の仕方は本当に要注意です。

鉄則その3 一生懸命気持ちを伝えない

夫から離婚と言われた場合、
これまでの夫との接し方を反省し、
自分はまだ愛していることを伝えたくなります。

そして、
気持ちを伝えるときは今しかないと思い、
やたらLINEを送信したり、手紙を書いたり、
ついつい一生懸命になりがちです。

でも今は、
夫が気持ちを放出している最中です。
溜まりに溜まった夫婦の膿を出している最中。

それなのに、
自分の気持ちを伝えようとすれば、
「やっぱりオマエはダメ」と思われるだけ。

お互いの感情がぶつかって、
売り言葉に買い言葉になりやすく、
離婚回避のつもりが、すぐに離婚が決まるなど、
思わぬ展開になりがちです。ご注意下さいね。

以上、
夫との離婚を回避したい人が
知っておくべき3つの鉄則について
お話をして参りました。

夫から離婚と言われて
今が一番キツイときだと思いますが、
夫の絶対は絶対じゃありません。

離婚回避のNG行為を避けるだけで
夫婦再構築の可能性は高まります。
がんばりましょうね(^^)/

離婚回避カウンセリング


離婚回避のご相談はコチラ!

お気軽にどうぞ
あなたのお力になります(^^)/

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる